BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2016.4.15

「誇り」を持って「イキイキ」と働いてもらう

image20

 

先日、遅ればせながら

入社式と辞令交付式を

行いました。

 

ホリタ創業以来、初めて

「入社式」を行いました。

 

本来は4月1日に

やるべきなのですが、

文具屋にとって

4月1日は商売上、

「超」の付く繁忙期なので、

どうしてもできません。

 

 

(あとから聞くところによると)

新入社員の子も、

同学年の友達から

「入社式があったよ」。

という話を聞いていて、

「あ、私はないんだな~」

って、さみしく

思っていたようです。

 

ですが、

こっそり準備を進めて

開催したところ、

涙を流して喜んでくれた。

 

本当にやって良かった

と思いました。

 

既存の社員にとっても、

(全員の出席は無理でしたが)

入社式の新入社員の存在は、

昔の自分が

新入社員だった頃の、

あの新鮮な純粋な気持ちを

振り返る機会をもらえ、

かなり、刺激になったはずです。

 

 

(何より、私が一番

刺激をもらったかもしれませんが)

 

image14

 

既存の社員に対しては、

辞令交付式を行いました。

 

異動したスタッフと

役職が変わったスタッフに、

辞令の読み上げと、

新しい名札の授与を渡しました。

 

店長クラスには、

ホリタの社章の授与

を行いました。

 

13015573_977676562345822_3841821925790923550_n

 

そして、最後は、

「ホリタを通じて、

1年後のなりたい自分を描こう」

というイベントを行いました。

 

 

某大手鉛筆メーカーの

入社式では、

鉛筆をナイフで削る

というイベントが

毎年恒例となっています。

 

ホリタでは、

新入社員は「筆」で

既存社員は「クレヨン」で

それぞれ目標を

書いて発表する。

というのを毎年恒例の

「風物詩」にしたい。

そう考えました。

 

IMG_2444

 

さすが、

文具屋だけあって、

みんな、

スケッチが上手い子や

達筆な子が多いこと・・・。

 

なんて個性豊かな

集団なのでしょうか。

 

 

 

今回、

式として最初ですから、

完成度が低いですし、

どこか「照れ」があります。

 

 

経営発表会を開催する

こともそうですが、

こういうイベントの

積み重ねが、

ホリタへの

愛社精神を育み、

仕事への誇りに

つながっていく。

 

そう改めて感じることが

出来ました。

 

 

 

司会をお願いした子が、

片づけをしているとき、

「将来ホリタが

もっと大きくなったら、

私、広報や人事をしたい」

と言っていました。

 

(今は、私がやっていますが、

将来はそうしたいと思っています)

 

そういうことを

言ってくれること自体、

愛社精神が高くなって

きているな、と

嬉しく思いました。

 

 

来年、

開催するときには、

より社員の成長が見られ、

今年入った子が、逆に

憧れられる存在に

なっている。

 

そうやって

良い循環で回っていくことを

期待したいです。

2016.4.4

「お客様のお声」が成長のチャンス

IMG_2291

 

ホリタでは現在、

店頭とホームページから、

「がっかりの声」と

「お喜びの声」の

両方を集めています。

 

お客様の声を集めるための

意見箱を店頭に

設置するようになってから、

約1カ月経過しました。

 

ホームページから

投稿できるようにして、

約2か月経過しました。

 

なぜこういうことを始めたか?

というと、

私が直接お客様と接する機会が

激減したことで

悩んでいたことがきっかけです。

 

このままだと、

お客様の要望とかけ離れた、

会社を創ってしまう。

間違った経営判断を

してしまいかねない・・・。

と危機感を持ったことからでした。

 

お客様のために!と

商売をしているのに、

実際、ご意見に耳を傾けず、

間違った方向に行ってしまう。

 

それだけは本来の

商売の主旨とは違う・・・

と思っています。

 

とはいえ、

こちらの力不足で、

目を背けたいような

厳しいお声もあり、

最初は

用紙が意見箱に入っていると、

正直、見るのが怖かったです。

 

ですが、最近ようやく、

こうしてお客様に

ご意見をいただけるということは、

本当にありがたいことだと

思うようになりました。

 

本当に不満で、

「救いようがない会社だ」

と思った場合、

絶対に投稿はしません。

 

それをあえて投稿して

いただいているということは、

期待しているからこそです。

 

改善してほしいと思うから、

わざわざ、ペンととって

いただける。

 

手間もさることながら、

素晴らしい勇気だと思います。

 

経営の一番の課題である、

痛いところを突かれて、

お答えに困ることが

しばしばあります。

 

お客様は、

良く見ていらっしゃるな・・・と。

私たちより、私たちのことを

良く見えているな・・・と。

大変勉強になります。

 

ご指摘いただいて

初めて私がしることもあります。

 

自分たちが

足りないところばかりなのですが、

課題と向き合い、

改善しようと努力すると、

強い組織になります。

 

絶好の成長の機会を

与えられていると、感謝しています。

 

時々、面白いメッセージがあります。

明らかにお子様の字で、

お店に来て嬉しかったことを

しっかり書いてくれています。

 

そういう場合は、

文通している気分になり

私も嬉しくなります。

 

「がっかりの声」も

「お喜びの声」も

どちらも私たちの

強み・弱みを認識する

良い機会になっています。

 

これを続けて、

確実に改善をしていけば、

きっとお客様に臨まれる、

愛される会社に

なるに違いない!

 

そう予感しています。

 

キャプチャ

2016.3.26

「みんなのホリタ」でありたい

お客様やお仲間の方と、

名刺交換した際に、

「文具の想い出」や

「ホリタでの想い出」を

嬉しそうに話していただける

方が本当に多くいらっしゃいます。

 

俺こんな文具使ってるよ!

ホリタでこんなの買ったよ!

 

その度に嬉しくなります。

(+身の引き締まる思いです。)

 

つい先日、あるお客様に、

「ホリタさんはもう

福井になくてはならない

存在になってるよ!」

って、言われました。

 

かなりな、

お世辞だとは思いますが、

その方が本心で言って

くださっているのが伝わってきて、

本当にうれしかったです。

 

そして昨日は、

経営者のお仲間の方から、

「昔、僕らの世代はみんな、

『ホッタ文具』って言ってた。

今、娘たちはみんな『ホリタ』

だけど、

年配の会社の事務員さんが、

『ホッタ文具』って言ったのを

聞いて懐かしかったわ!」

というお声を頂きました。

 

 

 

ある地域の

子どもたちの間では、今

ホリタ文具のことを、

「ホリブン」という

あだ名で呼んでいるそうです。

 

これってすごい。

「マック」みたいな感覚。

 

 

最近自分の周りに起こった

これらの出来事を振り返るに、

これら全て、

ホリタや文具を

「身近な存在」

「愛着のある存在」

と思っていただいている

証拠だと思うのです。

 

これこそホリタの財産で、

本当にありがたいことです。

かなり誇れることではないか

と思っています。

 

 

 IMG_2278

 

とは言うものの、現状は、

まだまだ未熟です。

本当にまだまだ。

理想にはほど遠い状態です。

 

逆にお客様にお叱りの声や

がっかりの声を頂くことも

本当に多く、

力不足を反省しています。

 

もっともっと

組織を強くしないと!と思い、

未来の幹部候補を探しに、

昨日、リクルート活動を

行ってまいりました。

 

新たな挑戦として、

「リクルートのブース」を

フェニックスプラザに。

 

今回、優良企業ばかりの中に、

ポツンと出した「まだ弱小」の

私たちですが、

かなり反応が良く、

本当にこれからの

ホリタの可能性を

見ることが出来ました。

 

これに限らず、

「ホリタで働きたい!」って言う

問合せが、新卒・中途どちらも

増えてきました。

 

「ホリタに良く行っています!」

って。

応募してくれる方々は

大体がお客さん・・・。

 

 

こういう、

「身近な存在」「愛着」

 

福井の方にとって、

「みんなのホリタ」

になれるように、

日々精進していきます。

TOPへ

TOPへ