BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2015.12.1

買わない理由がなければ買っていただける。

IMG_1502

 

 

あるコンサルタントの方とお話しする機会があり、
こんな話になった。


どうしたらお客さんが買ってくれるか?ではなく、
なぜ、お客様が買わないか?
買わない理由がなければ勝手にお客様の方から買っていく。

確かにその通りです。


だから、買わない理由を徹底的に無くしていく。


そのためには、

① うまく行っている企業のマネをする。
② 顧客のお小言を吸い上げて徹底的に改善する。
③ その二つを徹底的に行う。

 

仕入(商品)・接客・陳列・内装照明・広告 等々、

どこかに買わない理由が隠されているのです。


確かにその通りです。

 




私にも、ご師匠と言える方が何人かおりますが、

皆さん本当にそれと同じことをおっしゃっているなと思います。


お客様が欲しくないから売れない。
売れない物を売ろうとするから苦しくなる。
売れないものは売れない。と。

 

お客様が求めていないにも関わらず、

自己満足でこちらの売りたいものを売ろうとするな。と。

 

原理原則通りにやらないで、自己流でやって、

お客様に売る、なんてできるわけがない。 と。

 


だから経営者は、
会社が成功するための法則を勉強、研究をしないといけない。

 

勉強だけで終わらせず、実践して、結果を検証して。
これを繰り返し精度を上げていかないといけない。

 

足りないところは、社外社内のスペシャリストに任せて、
大きく踏み外さないようにしないといけない。

そのために、お金をかけてでも、

たくさんの人と会い、見識を広め、吸収する。

そして実行しているのを見て刺激を受ける。
という循環をつけないと行けない。

 

 

そう痛感する社長業2年目の、新米社長の堀田です。

 

 

※写真は、

先週末28日・29日に福井産業会館で開催された、

「すこやかふくい2015」 の出展の様子です。

アンケートを取り、どういうことを求められているのか?

生のお声を聴くことができて非常に良かったです。

そして、子供たちが楽しそうにぬりえをしているのを見て、

とても嬉しい気持ちになりました。

これからどんどん子育て世代のパパママを応援しますよ!

 

IMG_1508

 

2015.11.27

物を売ることを通じて、心を育てる会社でありたい。

今週末の土日から、小売業にとって・文具業界にとって、
「超」繁忙期に突入します。
スタッフ一同、気合を入れてお客様をお出迎えします!



今回は、『物を売ることを通じて、心を育てる会社でありたい』という話。

この前、ある飲食店で素晴らしい対応を受けました。
券売機の調子が悪くそのことに対する対応が、

本当に感動するものでした。


丁重に何度もお詫びされて、

一品サービスしますと自由に選ばせてくれて。
そして、一品の味がどうだったか?聞かれて会話が弾み、
最後にサービス券を貰い、丁重に外までお見送りされる。
それをしかも全部をごく自然に。店長でもなく一女性スタッフがです。

あまりに感動したので、
生まれて初めて「お客様の声のハガキ」を投函してしまいました。
「心のある会社だな〜」って。


おそらく全てはマニュアルにはない行動でしょうが。
独自の判断で、ご迷惑をおかけしたと心底申し訳なくて
やってくれたのだと伝わってきました。


相手の痛みが分かる、心豊かなスタッフさんです。
その時、確かにそこの社長の顔が思い浮かびました。
しっかり教育をされているんだな〜、さすが〇〇社長だ!って。


もちろん、商品やサービスが満足いくものであることが大前提ですが、
最終的に見比べた時に、自分にとって幸せを与えてくれそうな会社に
人は集まっていく。
やっぱりそういう会社に行きたくなる。人は吸い寄せられていく。


再度、そう認識する機会となりました。


さぁ、「超」繁忙期に入るにあたって以下のイベントを各所で行います。


大願寺店では「ありがとう感謝しますフェア(わくわく文具展)」

花堂店では土曜日に「ジェットストリーム名入れ無料実演販売会」

春江店では「越前漆塗りの商品展」

そして産業会館では「すこやかふくい2015」で「ぬりえコーナー出展」が
あります。

是非週末足を運んでみてくださいね。

 

IMG_1480

越前漆塗りの筆ペン

 

IMG_1482

「ちょこぼん」という小さいオシャレな盆栽

 

IMG_1476

ありがとう感謝しますフェア!

2015.11.21

自分の置かれた状況に対して,如何に使命感を持てるか?

IMG_1462

 

社長の堀田です。お店はクリスマスムード一色になってきました。

盛り上がってきましたね~!

だんだん慌ただしくなってきました。

 

 

今回は、

仕事は、自分の置かれた状況に対して、

如何に使命感を持てるか?で結果が変わってくると思う。

という話。

 

なぜ使命感を持って取り組むべきか?


そうすれば志を高く持てるし、簡単にはへこたれないし、
勉強もするし、人から吸収もする。

 

そうして大きな挑戦や大きな借り入れにも不安がなくなる。

ただしその使命感は、

社会的に共感されるような、私利私欲のない使命感でないと行けない。


共感を持たれれば、応援者が現れて、有益な情報を提供してくれるたり、
勝手に動いてくれたり、一緒にやろう!と言ってくれたりする。


それが大きければ大きいほど、渦のように大きくなっていく。

 


これは、経営者であれ従業員であれ関係ない。
従業員の方も、当然、第一には生活するため、お給料をもらうために。


それが働く第一の理由です。間違いない。

だけど、
世の中のため!という大きなことでなくても、
目の前にいるお客様のため、チームのため、地域の子供達のため!
って思いながら仕事をしている人と、

嫌々やっている人、文句を言いながらやっている人とでは、
長く働いていると大きな差になっってくる。



前者は良い循環になる。

お客様や上司、同僚にそれが伝わり、仕事がやりやすくなる。

チャンスがどんどんやってくる。

後者は逆に悪い循環になる。


お金が第一の理由はもちろんだが、それプラスαの部分を
如何に持てるか?


「これが、人生で全てを尽くす仕事なんだろうか?なんか違う気がする」と

思い悩んでいたとしても、まずは続けること。

 

黙ってやってやってやり抜くことで、本来使命感というものは見えてくる。


そうすればイキイキとしたオーラが出てくるものだ。

 

先日、ある同世代の経営者に出会って、使命感を聞き、

再度そのようなことを思った。刺激をもらった。

素直に応援したいな!と思ったのです。

 

 

IMG_1464

TOPへ

TOPへ