BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2015.10.23

苦手なことに真正面から立ち向かう

12144651_1472833143024989_4050758628595102672_n

 

最近、社外の人に話をする機会が多くあります。 今週は3回あり、気が張ります。

 

そういう機会をいただいて話すとき、

「リラックスして自然にしゃべれている」・「堀田っぽい」 と

言っていただけることが多くなってきました。

 

本当に大きな成長です。

高校、大学、東京の社会人時代までは人前でしゃべるのが本当に苦手でした。

 

極度の緊張屋で、人前に出ると頭が真っ白になり、

何を言っているか分からない。という状態。

 

でも、自分の中で経営者というものは・・・という理想がありました。

人前に出て自分の意見を言えない → 社員さんは何を言いたいのか伝わらない →

社員さんがかわいそう。 → そうであってはならない。 という理想です。

 

みんなに「仕事を通じて挑戦しよう」と言っておいて

「自分は苦手だ」で逃げていては示しがつかない。

そう思い、福井に帰ってきてから7年間、克服を試みました。

 

朝の朝礼で外商部のスタッフ前に、全体昼礼で全社員を前に。

時には、社外の勉強会で積極的に。

 

今は、人前で文を読む(音読)が苦手なので、

ある勉強会で毎回必ず人前で読むということに挑戦しています。

これも1年間続けて随分良くなってきました。

 

そんなこんなで、 ここ数年で、人前に出ても自分を出せるようになってきました。

少し自信がついて、なんだか楽しくなってきました。

 

失敗を恐れず継続してやり続ければ、苦手を克服できる!ということが

自分の中での大きな成功事例となってます。

 

人は日々の忙しい中で、 勝手に自分で自分に限界を作っている。

どこか言い訳を探している。

 

最初の入口の段階で、「自分は苦手だ」と言って、

自分の可能性に自分でブレーキをかけてしまっていること、 が問題だ。

ということを、 挑戦を通じて深く学んでいるわけです。

 

 

2015.10.17

「ホリタわくわく便利TV」始めました。

 

image

 

http://horita-bungu.jp/tv/ホリタ-ワクワクtv-vol-1/

 

↑第一回作品は、こちらです。

 

 

始めた目的は、
『文化を支える道具(文具)のわくわく感と便利さを「伝える」ため』

です。

 

お知り合いの方から、よく「文具って意外と面白いんだねー、
今の文具は進化してて便利になってるんだね〜」って言われます。
文具の良さって意外とまだまだ知られていないな〜って感じます。

 

知っていたら買っているのに。知らないから買わない。
「えっ、そんな商品は5年前からありますけど。。。」っていう、
「埋もれた文具」たちがどれだけ多いことか。悲しい話です。

 

かと思えば、見本市や商談でメーカーさんの開発にかける熱い想い、
販売にかける熱い想いにも触れます。

 

そしていつも思うのです。
これを「伝える」のが僕たち小売店の役割だな〜って。

 

ボクシングの「パンチ」みたいなもので。

 

開発者が、強くパンチ(強烈な熱い想い)を繰り出しても、
メーカー営業マン→卸営業マン→ホリタの仕入担当→売場担当
という摩擦があるために、消費者に行く頃には、
へなちょこパンチ(本来の商品に対する熱い想いが伝わっていない)
という状態になってしまっている。

 

ジャパネットタカタの社長さんのように、
強烈なメッセージを世の中に発する人がいれば、
お店に並んでいる商品も幸せではないか?
もっと業界がよくなるのではないか?と考えて、良しやってみよう!と。

 

あとは、自分たち自身がマスコミ媒体になること。

今はネット社会で、気軽に安価にたくさんの人に情報を発信できます。

それを使わない手はない。

 

あくまで、このわくわく便利TVは、
ホリタに興味を持って来店してもらうための入口であり、
ネットとリアルを融合させる挑戦です。

 

精度をどんどんあげて、わくわくする便利な情報を
みなさんに提供します!

 

2015.10.7

会社にとって最も大事なこと

本日、名古屋である会にお招きいただいております。

 

ずっと商品を供給していただいている、

ある仕入先様の90周年式典です。  なんと90年です!
90年も「徳」を積み上げてきた会社です。すごいですよね!

 

今回再度認識したのは、会社にとって最も大事なことは、
「在り続けること」だということです。

 

どうしても、規模や格好を気にしてしまいがちですが、
存続することほど、素晴らしいく、尊いことはありません。

 

規模や格好を追い求めるのではなく、
存続を追い求め、その結果、規模や格好が付いて来る。
そういう会社にしないといけないな〜。としみじみ思いました。

 

 

image

 

 


式典を見ていて、
この堅実な企業風土は、現社長のお人柄そのものだと感じました。

 

経営者の人柄(人間力)が企業の風土、
会社の雰囲気を創り、

そしてそれがやがて大きくなって業界の風土や社風を
作り上げていくのですね。本当に勉強になりました。

 

これを少しずつできるようになる器を作ることが

まずは課題ですね。

やってやってやり抜きます!

 

TOPへ

TOPへ