BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2015.9.18

アナログな価値

ホリタの社風はどうしてもアナログです。

なぜなら、取り扱っている商品が、アナログなものだからです。

うちで取り扱っている商品の中で「機械」と言われるものも、

電池を入れたり、コンセントをさしたりすれば

簡単に動くような機械しか扱っていません。

 

ですが、人間自体がアナログなものであり、リアルの世界で生きているので、

ホリタが目指す「アナログなわくわく感」・「アナログな便利さ」は、

無くならないと信じて突き進んでいます。

 

「ネットという便利なものがあるにも関わらず、お店で買う」。

その最大の価値は、

実際にたくさんの商品を見て触って買う過程を楽しむこと。や、

実際にお店の雰囲気を楽しむ・店員との会話を楽しむこと。

= リアルな体験であり、アナログなわくわく感そのものなのです。

 

そのなかでも、「実際にお店の雰囲気を楽しむ」ための、

POPや装飾は、「お店の雰囲気でわくわくする」ことを追求したものです。

 

ホリタには、

「POP委員長」という、POPを上手にアナログで書けるスタッフがいます。

「わくわく委員長」という、お店の雰囲気をわくわくさせる装飾・イベントを

するにはどうしたらいいか?を考えて実行するスタッフがいます。

どうですか?これが最近のそのスタッフたちの努力の成果です。

 

IMG_1111    IMG_1112

これが、POPわくわく委員長考案のPOP。 発想が奇抜です。。。

 

IMG_1081    IMG_1092

これが、わくわく委員長考案の装飾。 最近の売り場(ハロウィン)。

 

お店に行ったときに、商品以外のそういった部分にも目を向けて、

楽しんでいただければと思うのです。

2015.9.12

人間力と仕事力

今週前半、大阪でみっちり2日間、ある研修を受けてきました。

 

お世話になっている大きなお取引様であり、

私の大好きな福井の会社。その会社の研修会です。

 

image

 

 

そこの社長は本当に尊敬できる経営者で、
ずっと僕の目標・指針となっている経営者のお一人です。

 

前職も含めて今までに、この社長さん以外にも一流と言える人に
結構多く出会いました。色々な学びも経て、
「人生の成功者」と言える人にはある法則があると感じます。

 

2つの力をバランス良く持っていることです。
『人間力』と『仕事力』の2つ。

経営者で言うと、『人間力』と『経営力』でしょうか。

 

経営力ばかりを振りかざしても、人間力がついて来ないと
頭でっかちだと見られ、誰もついてこない。
人がよってこない。唯我独尊タイプです。

 

人間力があっても経営力がないと、物事を前に進められない。
会社は一向に良くならないし、社員さんも結果的に幸せには出来ない。
良い人どまりタイプです。

 

人間力と仕事力のバランスを!と意識しても、どうしても
バランス力に欠けて良く失敗します。日々、四苦八苦です。

 

「人間力」の中でもポイントとなるのが、「感謝すること」。
たとえどんなことがあっても、色々なことに真に感謝し続けることしか、
道はない。「ありがとう」「感謝します」を多用することです。

色々なものに本当に感謝していればそのうち、
運が回ってくる。人が付いてくる。成功者に引っ張り上げられる。

 

今回の講師である社長の姿を見ていて、改めて強くそう思いした。
そう信じて、前に突き進もう!うちの会社にもそういう人生を送れる
スタッフを育てよう!と強く思えた、実り多き大阪研修でした。

2015.9.5

64円の替芯への感謝状

昨日、私のデスクに一枚のハガキが届いていました。

差出人は三国町にお住いのお客様。宛先は大願寺本店のスタッフへ。

 

内容は、「たった64円の替芯のためにここまで

親切に対応してくださりありがとうございました。

その他の他のスタッフの対応も含め感心しました。

 

※先日、若い社長の日刊県民の記事を見ました。

この社員さんあってこそですね!」 というような内容です。

 

image

 

感激しました。64円のやり取りのことのために、

52円のハガキ代を支払ってまでも思いを伝えていただけたのです!

すぐに嬉しくてお礼のハガキをお返ししました。

 

 

話は少し変わりますが、

毎年1月2日に店の事務所で書き初めをします。

 

その時に自分が思っている、会社への純粋な気持ちを書くことにしています。

今年は、以下のような文(添付写真)を書きました。

 

image

 

 

その店の来店しただけで、営業車を見るだけで、幸せな気分になれる、

そういう会社にしたいと思って書き初めを書きました。

 

なんだか、今回の社員さんの対応は、そういう願いをみんなで形にしてくれて、

それがお客様にしっかり伝わった瞬間だった気がします。

感動を生んだ64円のやりとりでした。。。

 

 

TOPへ

TOPへ