BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2019.5.20

田舎の中小企業の時代がやってくる

ここ数年、リクルート活動・

大学のキャリア授業・

長期インターンシップ受入・

社内学生パートナー向け研修 など

様々な場面で学生に話をする

機会が多くなっています。

 

IMG_7701

(昨日は学生パートナー向けの「社長塾」)

 

そこで学生と話をしていて感じることは、

「これからのご時世、

大企業で働くことだけが『幸せ』ではない。

都会で働くことだけが『幸せ』ではない」

という考えに共感する学生が

多くなってきているということです。

  

現に、ここ数年間で見ても、

私たちホリタの話に耳を傾ける学生が

とても多くなってきている。

と感じています。

 

大学側であったり、親御さんは

まだまだ若者である学生さんと比べると

温度差があるように感じますが、

こういう考えはこれからの数年で、

当たり前になるのではないか?

と思っています。

 

その背景にあるのは、

AI」という何だか目に見えない

ますます不透明な時代がやってくる。

ということ。 

 

それによって、一生食べていける。

という「安泰の仕事」が無くなる

ということです。

 

これからは、大企業であっても

官公庁の職員であっても

士業と言われる職業であっても、

はや誰も安泰だということを

保証はできない世の中です。

 

もちろん、ホリタもどうなるか?

安泰は保証できません。

誰もできないのです。

 

数年前に、オクスフォード大学が

出した論文で、AI取って代わられる

可能性のある職業は49%ある。

という驚愕の数字が出て

話題になりました。

 

私は学生に対しては、

「これからの時代、仕事を選ぶ際に、

何をやるか?で選ぶより、

誰とやるか?どういう思いの会社で働くか?

ということの方が大事だよ」

と伝えています。

 

何をやるか?で選んでしまった場合、

AIにとって代わられた場合、

行き場がなくなる。からです。

 

どんな世の中になっても、

会社にどういう試練が起こっても、

この会社の根っこにある価値観が好き・

この会社の人柄や雰囲気が好き。

ということが一番大事なのではないか?と。

 

私は、大都会の大企業でも働いていたので、

少しは分かっているつもりなのですが、

田舎の中小企業ほど

「当事者意識を持てる」

「チャレンジできる」

場はないと思っています。

 

 

ただし田舎の中小企業のホリタには

欠点があります。

 

評価があいまい。

福利厚生などもあいまい。

キャリアアップのイメージがあいまい。

「あいまい」なので、

走りながら整備している。

というような点です。

 

ホリタがもっともっと

企業としてレベルを上げ

もっと明確なもので、社員の

未来を示してあげられれば。

 

安心したうえで、

思い切り挑戦できる環境を

整えることさえできれば。

 

それができれば、

飛び抜けて魅力的な会社になる。

信じています。

 

 逆に言うと走りながら整えて行くので、

会社を一緒に創る。ということを

経験することができます。

 

「当事者意識」を持てるということです。

 

当事者意識を持てることが

どれだけ幸せなことか?

 

同時に荒波にもまれて、

時代に対応するための

「生命力」をつけていくことができます。

 

【これからは中小企業の時代だ!】

 

このことを、私たちホリタが

成長していくことで

体現していきたいと思います。 

 

IMG_7711

閑散期は成長のチャンス!

スタッフたちが「実践塾」という研修で作った

「父の日」用の陳列棚です。成長しますように・・・

2019.4.28

社内で「統一」する3つのこと

「コーポレート・アイデンティティ(CI)」
という言葉を最近
スタッフに頻繁に言っています。

 

これは何か?というと、
私たちが「ホリタ文具」を
お客様にひとつの「ブランド」として
認識してもらうために

必要なイメージです。

 

あの人はこう。この店はこう。
という店舗や人によって

ムラがあるようでは
ブランドイメージがつきません。

 

そのムラが無くなって
お客様に共通したイメージを
持ってもらえるようになると、
「ブランド」として
お客様に認識されるようになってくる。

 

「コーポレート・アイデンティティ」には
3つの要素があると言われています。

 

逆に言うと、3つのことができないと
「ブランド」になりえない。
ということです。

 

今回はそれをご紹介します。

 

1つは
「マインド・アイデンティティ(MI)」
これは「理念の統一」とも言います。

 

ホリタが目指すもの・提供したい価値
そして哲学。
こういったものを、
皆で統一しないといけません。

 

何のために経営をしているのか?
日々考えているようなことを、
社員さんだけではなく、
お客様に日々最も身近で接している
パートナーさんまで
理解していないといけないということです。

 

お客様は敏感なので、
理念が浸透しているかどうか?は、
何となくでも感じ取ってしまいます。

 

しつこく言い始めてから
7年くらい経過しますが、
社内の浸透度はまだこんなレベルか・・・
と思います。
それくらい、統一させることは
難しいことです。

 

先週から閑散期に突入し
時間が取れるようになってきたので、
パートナーさんも含めて
「耳にタコ」作戦で行きたいと思います。
絶好のチャンス到来です。

 

B20F913A-4A60-41FA-8AFF-93EFBFCCCF6A

 


2つ目は、
「ビヘイビア・アイデンティティ(BI)」
これは「行動の統一」と言います。

 

誰でも同じような行動を
とれるかどうか?です。

 

マニュアルや映像、ダイアリーなど
誰に聞いても同じように対応できる。
ということが大事です。

 

いつ行っても
レベルの高い均一な対応をしてくれる。
誰が対応しても同じ。
ということがブランド構築には大事です。

 

あの「ディズニーランド」も
スタッフ(キャスト)が自由に
やっているように見えて、
相当量のマニュアルがあります。

 

外から見ると、自由にやっている
=イキイキと取り組んでいる

ように見えて、実は裏では
しっかりと会社として
皆が統一できる仕組みを整えている。

これが大事なことなんですね。

 

IMG_7067


3つ目は、
「ビジュアル・アイデンティティ(VI)」
=「視覚の統一」です。

 

店舗のビジュアルに
統一感があるかどうか?です。

 

店舗の内装や外装だけではなく、
ユニフォーム、名刺、ホームページ、
パンフレット、POPなど・・・
全てにロゴやカラーなど、
統一感を持たせて

いかないといけません。

 

これは今、
弊社で専属スタッフを育てていたり、
複数ではなく一人のデザイナーに
できるだけ依頼したりして、
ビジュアルの統一を目指しています。

 

15E89259-A074-4C34-80CC-B504BF914D98

 

以上の3つをしっかりやる。
ということが、
ブランディングにつながるのです。

2019.4.21

ブランディング

先日、ノート工場の

視察にいきました。

 

そこで改めて、

「今の時代、どういう商売も

エンターテイメント性が大事」
ということを痛感させられました。

 

291D1756-2924-4D4A-B1E3-C206F376787B

 

工場に「作る」機能だけではなく、
「見せる」機能が求められているんだ。
ということです。

 

一般のユーザーに対して、
ノートを作っている実際の場面や、
ノートをどういう思いで創っているか?
企業としての想いを見せて
愛着をもってもらう。
イメージを良くしてもらう。

 

そういう工夫が随所にあり、

結果的に私自身、

そのメーカーを好きになって

帰ることとなりました。

 

工場見学は驚くことに
一人から受け付けている。
ということでした。

しかも、

その工場見学をだけを担当する
「観光課」という新しい部署まで
作っています。

 

一見、直接売上に

寄与するわけではないので、
非効率だな。と
ジャッジしてしまいがちですが、
そうやってコツコツ
一人ずつファン(思入れの強い人)を
増やしていくことで、
企業ブランドを上げていく。

 

人口減少で需要が今後、
それほど見込めない近年。
「コツコツ」ブランド力をあげ、

良いイメージを持ってもらう活動が

大事なんですね。

 

C4168224-E1E4-41EB-89B0-343F8B25DF1C

 

ホリタでも一見、

非効率に見えることでも、
ブランディングになることを

とても意識しています。

 

(ホリタでは、ブランディングのことを
「コーポレート・アイデンティティ」
と呼んでいます)

 

これはとても重要です。

 

私は、
「ブランディンができていない店舗は
これから成り立たない」
そういう強い危機感を感じています。

 

正直、私たちも全然できていません。
ブランド言うにはほど遠いです。

 

でもトップが言い続け、
スタッフが少し意識し始めるところから
始めないと前に進めないな。
と思っています。

 

私たちがよくやる「失敗」としては、
「思い付きで、何となく
自店をアピールしようとする」
という点です。


PRの仕方に「計画性」がないのです。
すなわち言っていること
見せているものに「統一性」がないのです。

 

「わくわく」することを思い付きで
空いた時間でやっているか
「わくわく」することを
狙って、計画的に統一感を
持たせてやっているか?です。

 

何度も言いますが、
うちはブランドとしてはほど遠い。

 

これからの世の中、
ブランドを創るには、
計画性・統一性・ストーリー性
といったことがとにかく
重要だと感じています。

 

時代が求めている以上、
それに挑戦する価値は
あると思っています。

 

非効率に見えることでも、

愛着を持っていただくことを

コツコツです。

TOPへ

TOPへ