BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2020.5.16

Green組織

「競争」の時代は、
自分たちのノウハウや戦略を
如何に外に漏らさずに実行するか?
というような
経営スタイルが主流でした。

 

昔のホリタもそうでした。
ノウハウや戦略は、
競合に分からないように
隠すもの。

 

ただ、今は、
調べればある程度のことは
ネットに載っていますし、
何より「共生」の時代です。

 

自分たちのノウハウだ
戦略だと言って、
自分たちで何でも抱える。
ということは
=他の人に頼らない。
と言うことになります。

 

スピード感のある
この世の中において、
それでは変化に
対応しきれません。

 

私たちは今、
「オープン型経営」を目指して、
理念やビジョン
それに基づく戦略を
色んなところで発信して、
どんどん「共感者」を
社内外に創っていく。

 

そういう活動を積極的に
行っています。

 

この「ブログ」が良い例でしょう。

 

このブログは、私は、
スタッフはもちろん、
スタッフのご家族とか、
お取引先様、
そしてリクルートを
考える学生さんたちに
私たちの考えを
知ってもらえれば良い
と思って始めました。

 

6年前から開催している
「経営計画発表会」や、
最近、色々と社外で
話をさせていただく機会。
これらも全て、私からすれば、
「共感者」を
増やすための活動です。

 

「オープン型経営」ですから、
会社のことや、
私の人となりは、
できるだけ隠さず、
現実・ありのままを
お伝えし、その上で、
受入れてくれる人と
一緒に仕事をしたい。
と思っています。

 

今は読んでいませんが、
漫画の「ワンピース」に、
学生時代ハマっていて、
自分たちに足りない部分を
補うために、
同じ価値観の人を
どんどん仲間に入れていく。

 

そうか、組織を創るって、
ワンピ―スみたいな感じだな。と。
私は、意外とこれで

納得しています。

 


自分や、自分たちでできることは
たかが知れている。
ということを自覚すること。

 

これには、私は

すごく時間がかかりました。

 

20代後半~30代前半は、
「俺が何とかしてやる!」
とかなり意気込んでいましたので、
そのおかげで、
ずいぶん失敗しました。

 

今は、どちらかというと、
自分でやる。という
「タスク」が減ってきて、
自分がやる!という
ことではなく、
自分よりすごいと思う人に
素直に仕事をお願い
できるようになってきました。

 

自分の能力は、
たかが知れている。
ということがようやく
分かってきたんでしょうね。

 

時々、自分でやりた過ぎて、
やってしまうことも有りますが
これはおそらく性分です(笑)

 

69136874-DFC4-451E-ADF1-FA51B5075814

 

この前の「Zoom社長塾」で
私が理想とするホリタの組織。
という話をしました。

 

それは「Green組織」
というものです。
(この単元、かなり反応が良かったです)

 

組織の歴史はこうです。

 

【レッド組織】
組織を「オオカミの群れ」と例え、
特定の個人が支配をする。
 ↓
【コハク組織】
組織を「軍隊」に例え、
厳格な階級序列がなされます。
 ↓
【オレンジ組織】
組織を「機械」に例え、
上司の指示で、効率的な
機械のように動く。

 

というような流れで来ました。

 

そしてその次は、
【グリーン組織】です。

 

グリーン組織は、
組織を「家族」に例え、
共有されている価値観に沿って動く。

 

今のホリタは、
これを目指しています。

 

(偶然ですが、

チームカラーと同じ「緑」。
目指せと言われているようです)


でもこれは、
理念やビジョン、ホリタが

大事にする「価値観」があり、
それが浸透していないと、
ただの自由になり、
規律がなくなります。

 

ホリタも、過去何度か
グリーン組織を目指して
試みて失敗してきた
歴史があります。

 

自由にやりたいように。
となって、
人や店舗によってムラだらけ。
となってしまう。
また戻して、
規律を厳しくする。
そうすると、やらされ感になり、
何も考えなくなる。
それの繰り返し。

 

その失敗の中で、
Green組織を目指すうえで
欠かせないのは、
「働く人」と、
「社風」だということを
痛感しました。

 

会社の価値観に共感している
「働く人」
規律を守れるだけの
「社風」
があって始めて、
「ホリタの価値観に沿って
自分たちで考えよ」
と言うことが成り立つのです。

 

4DC7D111-F20C-40F0-98C5-17EB3838A394

 

 

今、社内で
育成のプロジェクトとして
「教育委員会」という組織が

発足しました。

 

これは、私たちが
次のステージに行くために
最も重要な課題で、
自分たちで考えてもらう。
「なぜ?」を意識してもらう。
というのを大事にしています。

 

これも、
そういうことを受け入れる
柔軟で素直な「働く人」が
いることが前提。

 

そして、それを受け入れる
「社風」が前提で成り立ちます。

 

この10年間は、
「働く人」「社風」を
創っていたようなもので、
ようやく今、
教育委員会を中心に、
うまく回り始めた
という感覚があります。

 

教育委員会のメンバーは、
自分たちで、今までの
ホリタの足りなかったところを
見出してどんどん
改善しはじめました。

 

メンバーのバランスも
ともていいのだと思います。
とても私一人では
できないレベルです。

 

何よりうれしいのは、
「私たちがこうするんだ!」
という当事者意識があり、
私の発言を代弁するような
頼もしい発言が多いことです。

 

私の想いを汲み取って
進めてくれるだろう。と
メンバーを信じて、
出来るだけ発言を
しないように心がけています。

 

今まさに、この先の延長戦に
「Green組織」
を少し垣間見ている
気がしています。

 

 

※1つ目の写真はスタッフ育成の場「ホリタ大學 エルパ校」の様子

※2つ目の写真は本部スタジオホリタでの「教育委員会」の様子

2020.5.7

GW社内特別企画「Zoom社長塾」全3回

ゴールデンウィーク期間中、
Zoomで希望スタッフ限定に、
「社長塾」を

全3回・朝30分間、実施しました。

 

なんとなんと、

3回合計での参加者は合計60名!!

 

毎回20名ほどのスタッフが、
参加してくれたのですが、
スタッフは今、パートさんや
アルバイトさんを含めて
全員で40名ちょっとですので、
約半数が参加して
くれたことになります。

 

D99CEAA1-E1D6-4034-9D22-1051FD6FD8AA

 

この意欲のあるスタッフが、
間違いなくこれからの
「ホリタの強み」になってきます。

 

出席数が問題ではない。
と言っていましたが、
本当に参加してくれるかな?
と毎回直前になると、正直
ちょっと不安になっていましたが、
コンスタントの20名近くが
参加をしてくれて本当に嬉しく
心強く思いました。


開催の目的は、
「コロナのこの時代、
ホリタは何を大事にし

何を目指すのか?
そのために何をするべきか?」
を明確にして、本気で皆で
「世の中に誇れる会社」を創る。
ということです。

 

参加して欲しいスタッフは、
・本来やる気があるのに
頑張り方が分からない。
・なかなかモティベーションを
維持できない。
・会社の進む方向を
納得して働きたい。
というスタッフを対象です。

 

ポイントは、
あくまで「参加自由」であること。

 

私は、迎合(げいごう)みたいな
ものが昔から大嫌いで、
昔から飲み会とかがあると、
誰々が参加するなら。とか
みんな参加しているから。
という理由での参加には
興味ありませんでした。

 

周りに合わせるわけではなく、
「自分の意志で参加する」。

 

自分で選択すれば、
「やらされ感」にはなりません。
これが一番、大事なことですね。

 

その代わり、
身支度をしながら。
車で移動しながら。
子供を見ながら。という
ゆるい参加をOKとして、
できるだけ参加の
ハードルを下げて開催しました。

 

塾の内容は、
・「現況」
  アフターコロナ・デジタル化(OMO)
・「組織」
  Green組織・脱家業
・「小売業」
  SPA・D2C
・「応援者」
  社外のすごい協力者たちの紹介
・「ランチェスター戦略」
  身近なブランドの事例の紹介
というようなことで、
私が一方的にずっと話をする。
というものです。

 

8D72693F-9E49-4F4F-AF22-47CEFF832E26


今回、大きな「気づき」、
というか「反省」が2つありました。

 

① このスタッフは、
興味ないだろう。
理解してくれないだろう。を勝手に
こちらで判断していた自分がいました。

 

今回、主婦パートさんや
アルバイト学生が本当に
たくさん参加してくれました。
子供さんも一緒に聞いていた。
そういう方もたくさんいました。

 

そういう姿を見て、

あぁ、機会を創って

あげられていなかったんだな。

意欲を潰していたな。と思いました。

 

② 自分が思っていることを
意外に伝えているつもりで
伝えれていない。
それ以前に、私の頭の中を
可視化する。ことすらできていない。

 

日頃、考えている量が半端ないので、
いざ分かりやすく
皆に説明しようとすると、
準備するのにとても時間が
かかりました。
意外と複雑に考えていることを
シンプルに人に伝える。
というのは難しいものです。


スタッフが塾の後、
コメントをチャットワークに
くれたのですが、それを見て、
しっかりと話をしたことに対して
反応している姿、
そして、また参加したい!という
前向きな発言を聞いて、
とても反省しました。


これはやらないと
見えてこないことです。
準備が思った以上に大変でしたが、
やったことによって、見えてきたことが
たくさんあり、とても
充実したゴールデンウィーク
期間となりました。

 

ホリタのことを
自分の言葉で語れる
=当事者意識をもって働く
そういうスタッフを増やしたい。
そう切に願います。

 


※話をした内容は、
また別の機会にブログで
紹介したいと思います。

2020.4.29

変われるチャンスと捉える

この約2か月、

ずっと頭がフル回転状態です。

 

肉体的にというよりか、

精神的な消耗があるようで、

おかげで、家での酒量が

とても増えてしまいました。。。

 

 

私が今考えていることを、

出来るだけ分かりやすく

このブログで紹介して

おこうと思います。

 

アフターコロナの時代は、

今までの商売のやり方が

通用しなくなる。

いよいよそんな時代が見えてきました。

 

特に小売業は、

リアル店舗はそうです。

 

コロナの状況下で、

消費者の価値観が

大きく変わりつつあります。

世界中の人々の人生観が 大きく変わる

出来事はそうないでしょう。

 

今まさに、終わりの見えない戦い、

見えないウィルスとの戦いをしている。

振り返って初めて

分かることだと思いますが、

私たちは今、 「歴史のど真ん中」に

いるのだろうと思います。

 

 劇的なことが産まれ

今まであり得なかったものが

消えていく。 そんな

激動の1年がもう始まっています。

 

自分たちは、そんな中、

時代の変化に対応し、

革新的な何かを生み出し、

生き残ることができるのか?

それとも、変わり切れずに

消えていくのか?

 

この約2ヶ月、 毎日、

頭は緊張状態で、

色んなことを考えに考えてまくって。

ここまで濃度の高い2ヶ月間は

今までないと思います。

 

きっと、経営者として、

そしてホリタが 試されているのだろう。

とすら思えてきます。

 

短期的な戦略・長期的な戦略は

これで間違いないのだろうか?

スタッフの幸せ・お客様の幸せを 考えて

この判断は間違いないだろうか?

 

短期的視野 と 長期的視野

スタッフ目線 と お客様目線

時には、相交えないこの二つの見方。

どこで間を取るか?

経営者として力を試されています。

 

ここ1ヶ月では、

これからどういう会社にするか?

もう一度、「戦略」を

創りこんでいるのですが、

この戦略を考える上で、

「有難いな」と思うことがあります。

 

それは、ホリタは

「人に恵まれている」ということです。

 

ホリタで働く人。

ホリタを外から応援して下さる人。

私を取り巻く人。

 

「人」がいるから、

色んな戦略を実行できるんだ。

と当たり前のことですが、

改めて痛感しています。

 

人様がいないと

私たちが実現したいものは

できないんだ!と、

ここ4年ほど

「採用」に力を入れてきました。

かれこれ10年、

「教育」に力を入れてきました。

そして、色んな社外の人と

「出会い」に力を入れてきました。

 

この「採用」と「教育」

そして社外の「出会い」が、

これからの荒波を乗り越えるために、

革新的なことを生み出すために

絶対的に必要です。

 

私は、ホリタは、

それらを やってきた自負があるので、

ここからが我々の本番だと思っています。

 

おそらく、5年前・10年前だったら、

こういう状況になったら

不安で不安でしょうがないと思います。

 

仲間がいない。応援者がいない。

という孤独感で

押しつぶされていたと思いますが、

ここに来て、

「一緒に頑張ります!」というような

社内外の色んな人から、

色んな嬉しいお声掛けを頂けています。

 

今は色んな頼れる

「人」がいますので、

その人たちに支えていただきながら、

何とか、この難局を

乗り越えていきたいと思います。

 

あとは、「戦略」

= ホリタ丸が帆を進める方向。

を間違えないようにしないといけません。

 

気を緩めることができない

日々がずっと続きます。

 

60E1782B-DF27-4DD2-9599-C78F4DC028A8

※追伸

この写真は全体zoom朝礼。

 

zoomがなんだか当たり前になって来ました。

私は社内外で毎日当たり前のように

zoomを使っています。

 

コロナが人の行動を変えた。

人々の文化を変えた。

代表例ではないでしょうか。

TOPへ

TOPへ