BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2018.9.24

ある経営者の勉強会

月に一回、「BBR経営塾」という

経営者の塾に参加しています。

 

ドラックストア「ゲンキー」藤永社長が

塾長をされている塾で、

私はここで約5年、勉強をしています。

 

私が入会した5年前に比べて

勉強会の会員数は2倍以上。

 

今や福井の数ある経営者の塾の中でも

注目を浴びる勉強会になっています。

 

そして、あそこまで有名な、

そして勢いのある経営者がいる会は

他にはないと思っています。

 

正直、今のホリタや私があるのは、

この塾のおかげでもあります。

 

社長堀田を作り上げる上で、

そしてホリタ文具の戦略を練る上で、

無くてはならない存在となっています。

 

毎月それに参加して、

塾長の話を聞き、その後

懇親会で他の経営者の話を聞くと、

自分のレベルの低さ、考えの未熟さに

情けなくなります。

 

そして、よし!僕もやろう!

絶対に負けないぞ!

という強い気持ちを毎回持ちます。

 

最初は、すごい人たちばかりで、

かなり「ものおじ」していましたし、

懇親会も消極的だったのですが、

最近は自分からどんどん

教えてほしいことを先輩経営者に

聞きに行けるようにもなってきました。

 

色んな人から、色んなときに

アドバイスやヒントをいただけるので、

常に、携帯電話やメモ帳を持って、

メモをしています。

 

会社を少しでも良くしようと、

少しでも良い情報を集めようと

必死・・・(汗)

 

先々週の弊社の経営計画発表会には、

勉強会に所属する尊敬する経営者に

多数来ていただきました。

 

先週末の金曜日に開催された勉強会で、

その参加していただいた経営者の方と、

その話題になりました。

 

さすが業績を上げている経営者の方は、

とても感度が高く、

色んな情報を持っています。

 

「発表会のあの部分の戦略、

こうしたら絶対うまくいくよ!」

とかなり具体的なアドバイスを頂けて、

会の方々をお招きして良かったな。

と改めて思いました。

 

塾長にも参加していただいたのですが、

勉強会の途中に「耳の痛い」、

厳しいご指摘をいただきました。

 

(その内容は、

社員の皆さんが凹む内容なので、

ここでは書かないことにします。

まぁ、まだまだです。

頑張りましょう!

ということです(苦笑))

 

本当にご指摘が的確で、

悔しかったですが、

塾の皆さんの前で言っていただいて、

本当にありがたかったです。

 

あまりに悔しいので、

「絶対に改善して強い会社を作ります!」

と塾長には夜の懇親会で

宣言しておきました。

 

経営者と言うのは、社内では、

たとえ間違った戦略を取っていても、

誰にも言われない。

そういう状態に陥りがちです。

 

ですから社外の方から

指摘をもらえなくなったら終わりです。

 

「井の中の蛙」「独りよがり」

な会社になってしまいます。

 

私は結構、外部のそういう経営者

から色々ご指摘を頂ける状態にあるので、

そこが私の強みだと思っています。

ありがたいですね。

 

(社員の皆さんも、「指摘を受けやすい」

雰囲気を出した方が得ですよ。

その方が成長しますから)

IMG_2929

↑ 先日は、5時間の耐久勉強会でした。

もちろんアルコールなし。。。皆さん、真剣です。

2018.9.17

リーダーを育てる覚悟

先週水曜日、

平成30年度 第27期
経営計画発表会を開催しました。

 

弊社スタッフ30名

仕入先以外の取引先様20名

経営者お仲間やご師匠様たち20名

合計70名で行いました。

 

 

92FBB18F-B534-4425-84E7-26212A6DD2EE

 

 

経営計画発表会の開催目的は
先日ブログでお伝えした通りです。

 

今回の発表会での新たな試みは、
部門別の発表内容は、
殆どスタッフが作った。ことです。

 

これは
前回2年前と比べて大きく違います。

 

もちろん、社外に言っていいことか?
大きく的が外れていないか?
チェックしましたが。。。

 

発表している内容を聞いて感じたこと。

 

それは、
ずっと私が言い続けてきたことが
少しずつみんな理解して来ている。
ということ。

 

それと、
自分に与えられた課題や目標を自覚し、
リーダーとして責任感を
持とうとしている。ということです。

 

特に、皆の発表で一番嬉しかったのは、
自分ではなく、チームのこと。
自分ではなく、部下のこと。
に触れている発表者が多かった
ということです。

 

自分がどうしたい。という発言より、
相手をどうしてあげたい。という
発言が目立ちました。

 

数年前には考えられない発言です。

 

自分のことで精一杯。
上から言われることを
実行するので精一杯。
チームを作るって?
リーダーになるって?
よく分からない。。。
という状況だったのです。

 

その頃に比べるとみんな
「粒」が大きくなりました。

 

76C997DB-A740-4C45-BC44-B3766596083D

 

ただし、このレベルでは
全然満足はしていません。

 

たしかに、2年前に比べれば、
残ってくれた社員はみんな、
本当に成長してくれましたし、
間違いなく組織が育つ兆候があります。

 

会社として、
間違いない方向に進んでいる!
と確信しまし、間違いなく
この数年で会社は良くなる!
と確信しました。

 

ただ、今回の発表会で、
社員から「社長賞」にふさわしい
社員が出なかった。
ということも現実です。

 

正直、もっと伸びてほしかった。
というスタッフもいます。

 

半年前のある社内アンケートで、
「次世代のリーダーが育って来ており、
将来の組織に不安がない」
という質問がありました。

 

殆どの人の答えが「ノー」
=不安があるという回答が殆どでした。

 

次なるリーダーが育っていない。
と考えている社員が多い。
ということです。

 

私もこの結果を受けて
「ギクッ」としました。


私が、今回は社長賞をあげる
スタッフがいないな。
と思っているのと同じで、
社員もそう感じているんだな。
と、とても反省しました。

 

この現実には、目を背けず
立ち向かおうと思います。

 

5D9118A8-17D0-439E-9E03-C0F1B16BA04A

 

 

経営計画発表会は、

自分たちに立ち位置を

明確に宣言するのと同時に、

社員が成長のキッカケを

掴む場でもあります。

 

必ず来年は、もっともっと

成長してもらい、社長賞を出す!

今、私はそんな気持ちでいます。

 

 

2018.9.4

来週開催する「経営計画発表会」の意味

 

私は、経営者の仕事は

如何に未来を語り

目指すべきものをしっかり指し示すかが
仕事だと思っています。

 

経営者は一番高いところから
全体を見れるポジションにいます。
(能力がどうではなく立場上です)

 

それでいて、
みんなが見れないところ=未来
を見て共有するのが仕事です。

 

一番高いところから
見れるのですから、
それを見なかったり
共有しなかったらそれは経営者として
怠慢だと思うのです。

 

経営計画発表会は、
そういう意味でも私にとっては、
本当に大事な仕事です。

 

ということはもちろん、
会社にとっても、スタッフにとっても
大事な行事だということです。

 

発表会まで1週間を切りました。
来週水曜日に開催されます。


今のご時世、みんなが同じ方向を見て
仕事をしないと、会社は傾きます。

 

「ホリタ丸」をみんなで漕ぐ。
ということを言っていますが、
1人でも逆方向に漕いでいては、
このご時世、勝ち残れない。
そう感じています。

 

昔は、経済も人口も
右肩上がりだったので、
少しくらいそういう人がいても
大丈夫だったかもしれませんが、

今、うちの商売で

そういうことは許されないのです。

 

354F6C3D-E151-4657-9C19-069B9A67F43C

(2年前の開催風景)

 


今回はスタッフの
みんなの成長も楽しみです。

 

2年前に開催したときより、
発表の機会を与えようかな。
と思う人間は多い。

 

組織として成長した
ということを確認する
良い機会でもあります。

 

今回は、
各部門、各店の発表内容を
各部門、各店の責任者に

任せることにしました。
(もちろん事前チェックはしますが)

 

実は今までの経営計画発表会は
どちらかというと、
私がベースを作ってそれを
発表してもらう。というものでした。

 

今回は、そうではなくて、
会社から何を求められているか?
いつも社長が何を言っているか?
を考え抜いた上で、
自分たちがやるべきことを
自分の言葉で発してほしい。
と思っています。


色んなビジネスパートナーの方や
経営者のお仲間、

経営のご師匠が来ますので、
うちにような小さい会社では、
普通は絶対にありえない
「大舞台」です。

 

滅多にできない経験ですから、
発表者は本当にラッキー。

幸運です。

 

気負うことなく、着飾らず、

ありのままの今のレベルで
自分らしく発表してくれれば良いのです。

 

たとえそれが
恥をかくことになっても、
会社として損失を被るわけではないので、
失敗大歓迎です。

 

みんなの前で宣言することが、
どれだけ1年間頑張れることか。
辛い時に踏ん張れることになるか。
そういうモティベーション維持の
場でもあります。

 

私も、一年で一番

戦略を考え「まくる」この時期を

楽しみたいと思います。

TOPへ

TOPへ