BLOG

スタッフより毎日のワクワクをお届け!

2019.4.15

尊敬できる人がどれだけ周りにいますか?

経営者のお仲間の方と

一緒に勉強する機会があります。

 

今は、若くて意識の高い
経営者が集まるBBRという経営塾と
会計事務所の主宰する経営塾の
2つに絞っていますが、
以前は他にも
色んな塾に行っていました。

 

色んな場で、色んな人にお会いして
自分の幅も広がりましたし、
色んな尊敬する方に出会いました。

 

おかげさまで
こういう経営者になりたい。
というお手本のような方が
たくさんいます。

 

D8274F88-466C-4471-B32A-9C1DDBA234C5

(所属している経営塾の全面広告が2月に掲載されました)

 


社内もそうです。

 

尊敬する人が周りにたくさんいる。
そういう会社でありたいと思っています。

 

そのためには、相手の良いところを
見つけないといけませんよね。
「認める」という
社風がないといけませんよね。

 

ホリタには本当に少しずつですが

そういう
社風が出来つつあると思います。

 

実際に、現在
「すごいな~。(人として)頭が下がるわ!」
というスタッフがたくさんいます。

 

特に、自分一人のためではなく、
他人のことを思って行動している姿は、
本当に誇らしく思えます。

 

人の能力にはほとんど差がなく、
あるのは、「環境」があるかどうか?
だと教わったことがあります。

 

特に、これからのAIの時代は、
何かをやろうとしても、
AIやIotにとってかわられることが
本当に増えてくると思います。

 

ですから、これからの時代は、
「何をやるか?」よりも
「誰とやるか?」
=どういう人たちとやるか?

=どういう環境の中でやるか?
ということが
とても重要になってくると思います。

 

要は、「能力」よりも
能力を開花できる「環境」が重要。

 

リクルートでもそのようなことを
学生に問うております。

 

B0E5BA3D-401B-4FCB-BE16-5B9D9291931C

(2020年リクルート活動「店舗で先輩の声」)

 

2019.4.8

入社式と目標発表会

ホリタのリクルート活動の一環で

オープン前の鯖江店(現場)で

インターンシップを行ったことを

先日、朝日新聞さんに取材して

取り上げていただきました。

(4日朝刊・地方版)

 

137862B6-0A27-4FC3-B77C-B8789960F868

 

こうやって現場で価値を伝え続ける。

ということを

ホリタでは大事にしています。

 

一昨日、「入社式 兼 目標発表会」を
新店・鯖江店にて開催しました。


なぜ鯖江店で開催かというと
スタッフに
「どういう会社を目指しているか?」
を伝えるには、
実際に肌で感じてもらうことが
最も有効だと考えたからです。

 

現場で想いを共有する。ということです。

 

79B91B5B-FA9C-4BB6-801D-CEF797B4CEC8


今年は2人が

新たに加わってくれました。


二人とも初めて出会った時から
ずっと私もリクルートに

関わっていますので、
入社式はとても

感慨深いものがありました。


これから社会人になって、
色んなことがあります。
良いことだけではなく、
思い通りにいかないことも

たくさんあります。

苦しい時、踏ん張れるかどうか?
それを乗り越えて
大きな人間になれるかどうか?
最後は会社の想いに

共感しているかどうか?
が最も大事だと思います。

会社は、不安なく
思い切り自分の可能性を信じて
挑戦し成長できる環境を準備します。


ただ、それを活かすかどうか?
最後は自分次第です。
飛躍するかどうか?は自分次第なのです。

是非、踏ん張りまくって、
大きな人間になってほしい。
人の心に寄り添える人間になってほしい。
と願っています。

 

19587592-575B-4D8A-8455-8ED41D75425E

 

その後の目標発表会では、

出席した社員全員に
昨年の振り返りと今年の個人目標を

発表してもらいました。

目標発表会は、今年で4回目です。
新入社員は筆で、
既存のスタッフはクレヨンで
色紙に記入をします。


私が今回最も嬉しかった点は、
自分がこうする!という発言ではなく、
「店舗のためにこうする」
「チームスタッフのためにこうする」
というような内容がとても
多かった点です。

毎年やっているので良くわかります。


自分が!ではなく、

他を思いやる発言が
間違いなく増えています。

 

64758BF9-1A5A-4C9F-AAD5-149CAB7E5685


組織として成長した。
進んでいる方向は間違っていない。
と確信しました。


だからと言って、まだまだ

世の中やスタッフに対して、
何かを成し遂げたわけではありません。

 

飛躍の兆候が見えてにすぎません。

しっかりとみんなで力を合わせて
「ホリタ丸」を前に進めて
いきたいと思います。

2019.3.30

生産性を上げてみんなで会社を良くする

段階的に
今の会社レベルで出来る範囲で
年間休日を増やして来ました。

(まだまだですが、、、)

 

10年前は、年間休日は70日台でした。

今年はようやく100日近くまでになり、
長期休暇(ありがとう休暇)まで
創ることができています。

 

これは社員が成長し、
企業として成長してきた証(あかし)です。

(本当にまだまだですが、、、)

 

与えた「権限」に対して
少しずつ「自覚」が出てきて
「責任」を持てるようになって来た。
これがとても大きいと思っています。

 

休日など福利厚生のことを
「今年はこうする!」

「こう変わる!」というのを
4月の繁忙期が終わったときに
説明するのですが、
条件を変更するとき・

新しいルールを創るとき
に気をつけていることが3つあります。

 

 

1つ目は、
「お客様に迷惑にならないこと」

 

これは3つの中で一番難しいことです。

 

スタッフがどうやったらお客様に迷惑を
かけずにそれを実現できるか?を考える。
ということ自体が大事です。
過程が大事なのです。

 

シフトを組んでいるのを見ていると
四苦八苦しています。でもそれで良いのです。

 

 

2つ目は、
「全員が享受できること」

 

これは全社員の場合であったり
店舗社員全員の場合であったりします。

 

とにかく、
同じような条件で働いている人が
みんな平等に取れないといけません。

 

同じようにできない。一人でもできない。
ということがあるのであれば
やらないほうがマシです。

 

給料や賞与は
それぞれの最初の契約が違いますし、
能力や年次の差もあるので
どうしても差がありますが、
こういう休日日数などは
可能な限り同じの条件の方が良いのです。

 

賞与のように
差をつけることが平等なことか?
休日のように
差をつけないことの方が平等か?
ものによります。難しいですね。

 

とにかく一生懸命やっているスタッフ、
(しっかり会社の決まり事を
守っているスタッフ)が
バカを見ない会社にしたい。
ということをいつも考えます。

 

 

3つ目は、
「人時生産性を意識すること」

 

ホリタでは毎日、各店ごとに
「人時生産性」という数値を出してみています。

 

1日の粗利益額÷1日に勤務した人の総労働時間
という式です。

 

これは小売業ではとても重要な数値です。

 

店舗によって在庫・人・面積・駐車場台数
何もかも違うので、
平等に評価する数値として
2年ほど前から導入しました。

 

「あそこの店舗は売場が大きいから」な
「あそこはスタッフ数が多いからな」と
いうような言い訳はできません。

 

シフトにいっぱい人を入れる。
ということも人時生産性を
下げることになるので、
考えるようになります。

 

そうやって、意識しながら
条件を上げていく。ということを続けて、
どんどん良い会社にしていきたいと思います。
(というか、なっていきます!)

 

さて、「超」繁忙期はあと2週間です。
みんなで勝ちたいと思います。

 

一人で勝つのではなくみんなで勝つ。
というのが大事なんです。

 

E075188D-22FF-4EDE-BB4F-941E1E0ABAC0

 

8F72E257-B7A8-4578-B485-0D70A22F27CF

 

BE457DA2-280A-4D66-A657-AE7B518DC875

 

 

追伸)先月から2020年卒のリクルート活動を

行なってきました。

 

・1dayインターンシップ @鯖江店

・マイナビ 業界研究フェア @サンドーム福井

・仁愛大学 合同企業説明会 @仁愛大学

・第1回企業説明会 @自治会館

・第2回企業説明会 @鯖江店

 

未来の幹部候補を探すために

リクルート活動をして来ましたが、

いよいよ来週からは面接です。

 

毎年ドラマがあります。

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか、、、

 

TOPへ

TOPへ